<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧


歯磨きマスター 試練3


正しく歯を磨くためのポイント①~③までをお話してきましたが、今日は最後のポイントをご紹介します!

ポイント④ 補助用具を使おう!
ハブラシでは落としきれない歯と歯の間の汚れ。フロス(糸)、歯間ブラシといった補助用具を使うとスッキリ落とせますよ(^^♪
歯間ブラシやフロスは市販でも売られていますが、使い方がわからない…、どのサイズを使えば良いかわからない…など疑問をお持ちの方が多いと思います。
少しでも疑問に思うことがあればぜひ当医院に聞きに来てくださいね!

※どんなに歯磨きが上手い人(私たち歯科医師、歯科衛生士など)でも必ず磨き残しがあるのが現実です。磨き残している汚れは、歯科医院で専門的な機械を使って落とさなければ落ちません。お家での歯磨き+歯科医院での専門的なお口の清掃が虫歯予防の要です!

f0241925_13042342.jpg


[PR]

by hashidashika | 2014-07-29 13:03 | スタッフブログ | Comments(0)

デンタルショー

こんにちは!
曇り空の月曜日、今週も元気に頑張りたいと思います\( ˙▿˙ )/

さて、昨日の日曜日、スタッフ全員で
『中国デンタルショー』へ行って参りました!
歯科関連企業が一同に集まり、歯科最新医療機器や器具を紹介します(*^o^*)
最新の診療台や、レントゲン機器などの説明を聞いたり見たりしてとても刺激的な時間でした!!
当院にも取り入れられる物がありそうでしたので、その際はまたBlogにて報告します♪

デンタルショーの後、皆でコメダ珈琲へ…(≧∇≦)
皆腹ペコで、もりもり食べてしまいました。
サンドイッチや、コロッケは作りたての熱々でとても美味しかったですよ〜(﹡ˆ﹀ˆ﹡)
有名なシロノワールもアイスとパンの組み合わせがぴったりでぺろりでした(*^o^*)
どれもボリュームがあるので、
3人以上で行って、色んな種類を食べるのがオススメです♪

院長!!またまた、ご馳走様でした(((o(*゚▽゚*)o)))
f0241925_12352821.jpg



[PR]

by hashidashika | 2014-07-14 12:22 | スタッフブログ | Comments(0)

歯磨きマスター 試練2

前回のポイント①はどうでしたか?
2回目の今日は、ポイント②③についてお話ししていきたいと思います♪

ポイント② 軽い力で小刻みに磨こう!
ハブラシの毛先が広がらない程度の力で、小刻みに動かし1本ずつ丁寧に磨きましょう。

ポイント③ 歯磨き粉は少しだけ!
適量は小豆1粒大です。歯磨き粉には口の中かスッキリする成分が入っているので、磨けていなくても磨けている気になってしまうことがありますので、要注意です!
もしきちんと磨けているのであれば、歯磨き粉をつけなくてもいいですよ!

何もつけないのは抵抗がある…という方は、まずは何もつけずに磨き、最後の仕上げとして歯磨き粉をつけて磨くと良いでしょう。

※どんなに歯磨きが上手い人(私たち歯科医師、歯科衛生士など)でも必ず磨き残しがあるのが現実です。
磨き残している汚れは、歯科医院で専門的な機械を使わなければ落ちません。お家での歯磨き+歯科医院での専門的なお口の清掃が虫歯予防の要です!

f0241925_12245834.jpg


[PR]

by hashidashika | 2014-07-14 12:10 | スタッフブログ | Comments(0)

歯磨きマスター 試練1

虫歯を防ぐには、毎日の歯磨きでしっかり汚れ(歯垢)を取り除くことが大切です。
これから3回にわたって、正しく歯を磨くためのポイントについてお話しして行きたいと思います♪

ポイント1 毛先を歯の面に当てよう!

ハブラシの毛先を汚れの溜まりやすい
①歯と歯ぐきの境目
②歯と歯の間
③かむところの溝
にきちんと当てましょう。
特に子供の歯から大人の歯へと生え変わる時期は、生えている途中で背が低かったり、でこぼこした歯並びになるため磨き残しが多くみられます。
鏡(あれば手鏡)をみながら磨くのもオススメですよ♪

※どんなに歯磨きが上手い人(私たち歯科医師、歯科衛生士など)でも必ず磨き残しがあるのが現実です。
磨き残している汚れは、歯科医院で専門的な機械を使わなければ落ちません。お家での歯磨き+歯科医院での専門的なお口の清掃が虫歯予防の要です!

f0241925_09595549.jpg


[PR]

by hashidashika | 2014-07-07 09:58 | スタッフブログ | Comments(1)
line

このブログでは日々の出来事などをご紹介します。


by hashidashika
line